SERVICE

First Story

はじめに

WEB:
ホームページ制作をご依頼いただく前に、既に様々な構想をお持ちのことと思います。
その構想には、夢があったり、確信ががあったり。
ホームページを作ればすぐに効果が出る。売上UPする。SEO対策をすれば、検索結果の1番に表示される。上位に表示される。そういう考えは最初に捨ててください。
何故?と思われるかもしれませんが、仮にA社というホームページ制作会社が作った、ホームページが常に1位~5位以内に位置するとすれば、誰もがその会社に依頼します。そういう技術は現在、そしてこれからも存在しません。常に検索サイトも変化しているのです。

弊社のクライアント様は、業種、職種共に様々な分野に精通された方がほとんどです。
その中で、色々な方向性でモノの捉え方を行い、調査するのが、合同会社アイディーテックスのウリです。
ホームページの根本は御社の為のページではなく、閲覧ユーザーへの情報提供の場です。いかにしてユーザーに必要な情報を提供できるかどうか。それが集客、売上UPに繋がると考えます。

DTP:
ホームページ制作との違いは、ターゲットの違いにあります。
折り込みチラシを例にあげると、ホームページは、何らかの検索をしてページを訪れるユーザーが100%ですが、折り込みチラシは、興味がない人の目にも留まるよう新聞に折り込まれているのです。つまりどれだけインパクトや興味を誘うデザインになっているかどうかなのです。
しかしながら、1回の折り込みチラシを入れたからといってすぐに効果が出ない場合もあります。これもまたWEBと同様に、絶対に集客できるチラシがあれば見てみたいものです。しかし、1回の折込み、1回の閲覧で興味が沸くようなデザインを試行錯誤してきました。そんな熱い気持ちでデザインします。

絶対という言葉はありません。人、そしてインターネット上は常に動いているのです。
しかし、アイディーテックスは、より確実に利益や集客できるようにご提案を行います。実際、弊社の技術指導で、昨年比10000%の売上げが上がったこともございます。何度も言うようですが、これらは、弊社の技術というよりも管理者、担当者様の結果と言えます。
しかしながら、絶対という言葉は無いのです。

Web Design

ホームページ制作

新規でホームページを制作される方は、まず自社のやりたいこと、なにがやりたいのか、なにを目的にホームページを作りたいのかを先に考えてみてください。大抵のことは出来ます。
ただ、こだわりなのか、自己満足に偏ってはいはないか、費用対効果に関して助言させていただき、ご納得頂いた上、内容を詰めてまいります。もちろん、ご相談で費用は頂きません。
オンラインショップをやるにはどれくらい費用がかかるのか、いま見積りで出てきているだけど、これって妥当な値段なの?など、ご相談は多種多様ですが、弊社ではお客様の立場に立って、ご相談に応じます。

ホームページのデザインとは、デザインが全てだとお思いの方が多い。
しかし、デザインに注目しすぎて、本来の目的をお忘れではないでしょうか。ホームページの正しいキーワードの設定や、文言の指定は実は必須なのです。基本的なSEOの情報はネットで調べられる時代です。
弊社はホームページに施すSEO対策で、別途費用はいただきません。ホームページに埋め込むSEO対策は、後から行わなければ、費用は発生しないのです。
アイディーテックスは自社でホームページの更新が行えるホームページをお勧めします。

System

システム開発

近年、CMSと呼ばれるシステムが普及しております。BLOG機能を備えた、というとわかりやすいかもしれません。しかしながら、BLOG機能=日記機能とは違います。WEBLOGとは、WEBに情報を記録するという意味で使われており、いつしか、WEBLOG→BLOG=日記と形を変えただけで、実際には、BLOG機能を備えた、管理システムを指します。
この管理システムを使用することで、実際のホームページの文言の変更や、ショッピングサイトなら、商品の登録、編集、削除が行えます。近年、このCMSは、ホームページ制作の現場で多様されており、様々な機能性をもったホームページを作ることができます。
更新が自社で行えるシステムは、このCMSを導入しているホームページがほとんどです。

また、ご要望によっては、完全にオリジナルの機能でシステムを構築することもあります。この場合、簡易CMSをそのホームページ独自に開発を行います。
そこで、弊社では、より費用を抑えられるホームページ構築をお勧めし、不要な機能一切はつけません。
何故なら、高機能なシステムを開発した場合に、細かな機能が多く、使いこなせなくる場合が多い為です。
それが結果として、オリジナルシステムを開発したとしても、費用を抑えられることに繋がります。

iPhone Application

iPhoneアプリ開発

もう、スマートフォンの代名詞ともいえるiPhone。好きなときに好きな場所で好きなアプリを導入することで、自分だけの端末に変化する。
それらのアプリケーションを制作し、公開しているのは、Appleでは無く、一般ユーザーであったりします。販売価格も開発者が決定することが出来、有料にするのか無料で配布するのかも決定することができます。
無数にiPhoneアプリがある中で、まだ公開されていないようなアプリケーションのアイデアをお持ちでは無いですか?是非、実現しましょう。
自社の商品を提供することのできるアプリケーションや、自社の広告宣伝に使用できるアプリケーション。
簡単なことでも、まだまだユーザーが欲するアプリケーションはあります。そんな要望にお答えします。

DTP Design

会社概要/印刷/チラシデザイン

御社の営業ツールのひとつである、会社概要や、商品カタログのデザインを行います。
会社概要は、会社の顔です。取り急ぎ作った社内で印刷した会社概要を持参した会社に大切な仕事を出すことができますか?ちょっとした手間で、会社概要は大きく変わります。商品カタログや、チラシデザインにしてもまた然り。
実は、社内印刷するコストよりも印刷に出した方が安かったりするんです。例えば、商品カタログチラシ(A4/両面カラー/1000枚)通常、社内で印刷した場合、平均40000円掛かります。弊社では、30,000円~でチラシを印刷することができます。もちろん、デザイン込みです。
ただ安いという印象を受けますが、入り口はそこからでもいいので、次回またご依頼頂ければ、それで御の字です。まずはお問い合わせください。

Signboard

無機ELディスプレイ(無機エレクトロルミネッセンス)

弊社では、ECOテーマに無機EL看板を取り扱っております。
従来の広告看板との違いは、曲面にも貼れるということ。この看板は、シート状になっていて、曲げることが可能です。さらに、蛍光灯は、スイッチの入り切りで消耗するデメリットがありますが、それとは根本が違い、電気によって面を刺激することで、点灯しますので、寿命が5,000~20,000時間と長寿命となっております。印刷部分は、デジタル印刷なので、高精細、視認性に優れるという特徴を持っています。また、消費電力も少ないので、ECO製品として取り扱われています。
もちろん、デザインはオリジナルなデザインが可能で、発行部分のパターンもカスタマイズできます。

LED Light

LED照明

弊社の掲げるECOのテーマに基づき純国内生産のLED照明の企画・製造・販売を行っております。中国製品とは違い、色のブレがなく、長寿命です。また、キノコ用に開発されたLED照明器具により、通常より大きなキノコが育成されることも研究開発されました。
これらも、従来の蛍光灯器具に簡単な工事を行うだけですLEDに入れ替えることが可能です。
100%日本製で、PL保険にも加入し、水銀を一切使用していません。
割れても飛び散らないポリカーボネイトを管に使用しています。
(ポリカーボネイトは、防弾ガラスでも使用されている素材)
蛍光灯と比べ、消費電力も50%以上下がり、約40,000時間と長寿命。

NEWS
2015年GW休暇のお知らせ
2015/2
年末休暇のお知らせ
2014/12
第2回カンボジア現地調査のお知らせ
2014/8
第1回カンボジア現地調査のお知らせ
2014/7

>>more


IT NEWS

音声検索の現状の課題と普及の可能性
<p>ここ1~2年ほど、検索技術やそのエマージング・テクノロジー(emerging technology)に着目しつつ、特にデジタルネイティブ世代(1990年生まれ以降と定義)の検索に対する意識や日常生活における検索行動・役割にフォーカスした、様々な調査・研究を行っています。今回はその中で、「音声検索」について、簡単に取り上げ...</p>
[解説] Googleが問題視する「設定が不適切なスマートフォン向けサイト」とは
<p>関連記事「Google、スマホ向け検索ランキング変更を発表 - 不適切な設定を行うスマホサイトが対象」もあわせてお読み頂く前提で、ここでは Google が問題視する不適切なスマートフォンサイトの定義について解説します。 本件に関してCNET Japan さんが記事にされている「グーグル、スマホ対応が不適切なサイトの検索順...</p>
Googleソーシャル検索の課題と展望
<p>日本でも正式にGoogleソーシャル検索が発表されたので、あらためてソーシャル検索の課題や影響について、いくつか説明を。◎ソーシャル検索はレコメンデーションまず第1に、検索エンジンマーケティングへの影響について。これはソーシャル検索で本当に検索は便利になるのか?というコラムで掲載したのであわせて参照して...</p>
なぜ Google +1 (プラスワン)は流行しない(と言われている)のか?
<p>&nbsp;FacebookのLikes(いいね!)対抗機能としてリリースしたのであろうと言われている、Google +1(プラスワン)。サービスコンセプトとしては、友人同士が互いにウェブページを評価(+1)することで、検索結果をより優れたものにしていく、ということで、これ自体はとってもよく理解できる。でも、大概の検索の専門...</p>
Google rel="author" 普及で実現できる、人物基準のレリバンシー評価
<p>かつてはウェブ全体をクロールして、そこで取得した情報をアルゴリズムで自動的に解析するというアプローチで一貫してきたGoogleも、近年はウェブマスターから提供される情報を上手に活用して検索サービスの品質改善に取り組むようになってきました。たとえば構造化データの活用(最近なら&gt;Schema.orgの話)、XMLサイ...</p>
ソーシャル検索で本当に検索は便利になるのか?
<p>最近はソーシャル検索について色々な場面で尋ねられるので簡単に要約を。ある人の出身地、誕生日、血液型の情報から、その人のこと全部わかりますか?わかりませんよね、つまりそういうことです。第1に、ソーシャル検索というのは、検索クエリのインテント(検索意図)を探るためのヒントの1つとしてソーシャルグラフ(...</p>
PCユーザーとiPadユーザー Google検索行動に違いが出る背景は?
<p>&nbsp;検索エンジンマーケティングを行っていると、オーガニック検索において順位毎にどれくらい流入量が異なるのか、つまり順位毎のユーザーのクリック率はどれだけ違うのかといったことに疑問をお持ちになった方も多いことだろう。こうした調査は定期的に世界のどこかの会社が実施し、発表しているのだが、今回はアド...</p>
Yahoo!JAPANがGoogle検索エンジンを採用、ユーザへの影響は?
<p>2010年7月27日に、Yahoo!JAPANがGoogleの検索エンジンと広告配信システムを採用する[SEMリサーチ]が発表されました。業界にとって大きな変更ですが、今回は「ユーザへの影響」の観点で考えてみたいと思います。まず第1に、大多数のユーザは検索サービスが何の技術を利用しているかは知りませんし、関心がありません。Yah...</p>
安易なドメイン放棄が招く、ブランド毀損リスク - (2) SEO目的で狙われる過去の人気ドメイン
<p>前回( (1) 有効期限が切れたドメインの再利用実態)の続き。今回は、契約解除されたドメインがSEO(検索エンジン最適化)目的のユーザに狙われる背景について解説します。ランキングに影響が大きい「リンク」というシグナル検索エンジンからの集客増をはかる手法の1つとしてSEOがある。SEOは、検索エンジン(というコン...</p>
安易なドメイン放棄が招く、ブランド毀損リスク - (1) 有効期限が切れたドメインの再利用実態
<p>官公庁や政治家、企業による、キャンペーン終了時のドメイン取扱について、明確なルールやポリシーが欠落しているために、問題を引き起こしているケースが増加しています。背景には、こうした期限切れドメインをターゲットにした、SEOの存在があります。3回に分けて、現状と問題点、対策について触れたいと思います。 ...</p>
[解説] グーグルのリアルタイム検索への取組みと今後の課題
<p>グーグル・リアルタイム検索が日本語に対応2月15日16時時点でグーグル社から正式なアナウンスがありませんが、先週12日時点で日本語(google.co.jp)でのリアルタイム検索が始まっています。TwitterやFacebookに数分以内に投稿された書き込みが、ウェブ検索結果に表示されるようになりました。以前、QDF (query deserve...</p>
解説:Yahoo!JAPAN、サーチモンキーと検索プラグインを発表 - 検索結果をより便利なものへ
<p>米国で2008年春に発表・提供された検索のオープンプラットフォーム・SearchMonkey(サーチモンキー)。今年3月にYahoo!JAPANも「国内導入を検討している」ことを明らかにしましたが、本日(12月16日)正式に発表されました。 Yahoo! SearchMonkeyとはSearchMonkeyは、「検索結果を使いやすく、魅力的にする」ことをコ...</p>
GoogleがGoogleにPageRank変更のペナルティ?
<p>CNETさんも報じているように、米Googleのウェブスパムチーム責任者のMatt Cutts氏が、twitterにてGoogle Japan (google.co.jp)のPageRankを9から5に変更したことを報告しています。PageRankを変更した理由について言及していませんが、状況証拠的には、先日のPayPerPost利用によるサーチのガイドライン違反に対するペナ...</p>
Google、ペイパーポストのブログマーケティングで謝罪
<p>Google公式ブログにて、ブログマーケティングの活動を中止したこととその謝罪文が掲載されています。今回、そのプロモーション活動の一部でブログを活用したことが、Google のサーチに関するガイドラインに違反することが判明し、このプロモーションに関しては中止しました。ご迷惑をかけた関係者各位とユーザーの皆さま...</p>
グーグル、エリアによるパーソナライズ検索をPCでも開始
<p>グーグルが場所(エリア)によるパーソナライズ検索の提供を一部で開始している模様です。設定を有効にするためのプロセスだけ日本語化されていないため、基本的に日本のユーザはあまり目にしないのかもしれませんが、紹介しておきます。ちなみにモバイル版はすでに同様の仕組みがあったのですが、今回はPC版です。グー...</p>
Google、「もしかして」検索を拡張 - 候補ワードの検索結果を2件表示
<p>グーグルが2009年1月28日から、「もしかして」検索の機能を拡張している模様です。 たとえば、「バイク下取」と検索すると、最上部にもしかして「バイク買取」が候補ワードとして表示されます。しかし、上位2件はこの候補ワード「バイク買取」の検索結果を表示し、3件目以降は「バイク下取」検索時の結果を表示しま...</p>
SEOで重要なのはランキング?トラフィック?
<p>米国のSEOエキスパート、Bruce Clay氏のOnline Media Dailyでのインタビュー記事。 We emphasize the objective of search engine optimization is traffic, not ranking. We want to understand the community and the behavioral group that's typing in these phrases and how to use appropriate phrases, keywor...</p>
ひっそりと検索サービス終了・Accoona(アクーナ)
<p>2004年12月に立ち上がった新興検索エンジン・Accoona(アクーナ)がひっそりとサイトを閉鎖しました。現在、同社の公式サイトにはわずか数行のメッセージが掲載されているだけです。Dear Accoona search users,Due to an overwhelmingly competitive search market, Accoona.com and Accoona.cn will no longer be activ...</p>
Google、動的URLの扱いに新見解「動的URLのままで問題なし」
<p>簡単に説明すると、これまでの一般的な考え方は「静的URL推奨、動的URLの場合はパラメータ短めに」だったのですが、今回のGoogleの見解は「動的URLのままでOK」。クロール技術が進化してパラメータを適切に分析してインデックスすべきURL、すべきでないURLが判断できるようになったため、というのが趣旨。 Dynamic UR...</p>
ヤフー、ブレンド検索のテストを実施 - ウェブ検索に地図やクチコミリンクを表示
<p>ヤフーが一部ユーザーに限定した、ウェブ検索に地図やクチコミへのリンクを掲載する試験を行っている。私の会社の一部のPCにて、たとえば「渋谷 レストラン」と検索すると次の画面キャプチャの通り、ウェブ検索の最上部に地図、該当するイタリア料理店、星印のレーティングやクチコミ情報へのリンクが表示される。見て...</p>
Googleが音声認識技術を使ったGoogle Audio Indexing(GAUDI)を公開
<p>本日、Google Labsにて、音声認識技術を使って動画コンテンツ内の音声を検索できるGAUDI: Google Audio Indexingベータ版が公開されました。すでにBlinkxなど動画検索技術に特化した会社が行っていることと同様に、動画中で交わされている言葉をテキストに変換し、それを対象にキーワード検索ができるようにしたものです...</p>
検索エンジンでの「見つけやすさ」指標で見る業界別SEOトレンド
<p>CNET主催ではないのですが、9月12日に開催されたMarkeZine Day 2008にての講演「検索エンジンマーケティング 最新事情 2009」にて使用した資料の一部を紹介しつつ、時間の都合上、説明をはしょった部分含めて補足解説をしたいと思います。講演では5つの業界を紹介したのですが、ここでは2つを取り上げます。&#160;「自...</p>
Ask.jp、検索エンジンをオーバーチュアに切り替え - 日本市場どうする?
<p>更新を再開します。今年上半期はmahaloやSearch Wikiaといった編集型検索エンジンやセマンティック検索のPowerset(Microsoftが買収)など新興検索会社が目立った印象がありますが、日本国内はそれほど変化がありません。年初に百度が本格サービス展開しましたが次の一手がまだ見えてきません。&#160;ところで先に日本に...</p>
検索結果の「鮮度」が変わる、Google "QDF"アルゴリズムの仕組み
<p>前々回の記事「百度、本気で日本の検索エンジン市場に参入する けど」の本文中で、Googleの検索結果が同じキーワードでも朝と夜で変化するという話を書きましたが、それについて説明している日本語の記事があまりないので、ここで解説をしておきます。この技術はもともと、米New York TimesのGoogleへのインタビューの...</p>
Google、着々とユニバーサル検索の道を進む - ローカル情報10件表示
<p>Googleが2007年5月16日に発表したユニバーサル検索(Universal Search)は一度の検索でキーワードに該当する様々な情報を一度に検索できるものです。例えば、映画スター・ウォーズのダース・ベイダー(Darth Vader)を検索すると、公式サイトや画像、YouTubeの動画クリップ、関連ニュースなどを一度に表示します。他種類...</p>
百度、本気で日本の検索エンジン市場に参入する けど
<p>1月23日に中国最大手の検索エンジン、百度(baidu)が日本で検索サービスを本格開始しました(参考記事:中国の検索大手「Baidu」、日本で本格サービス)。ブロガーを集めた意見交換会に参加させていただいたのですが、時間の都合で発言せずに途中退出してしまったので、言えなかったことも含めて、できるだけ率直な意見...</p>
Google、「有料リンク(Paid Links)がなぜいけないか」を明確に説明
<p>ページの重要度を推し量るために、ウェブ上に広がる個々のリンクをどのように評価するのが最も望ましいか(検索利用者に快適な検索体験を提供できるか?)。一連のPaid Links(有料リンク。キーワード型のテキストリンク広告。具体例を知りたい方は、Matt Cutts氏によるプレゼンテーション資料を参照(.ppt、パワーポイ...</p>
有料リンク & Google PageRank減点ペナルティを巡るFAQ
<p>SEO業界で話題になっている有料リンク問題をめぐるGoogle PageRank更新について、何人かの方から質問をいただいた。いずれも「有料リンク」のことを誤解されているようだったし、実際、勘違いしている方がブログを拝見する限り多そうなので、ここで解説しておく。 (なお、本CNETブログ以外でも、私が担当させて頂いて...</p>
国内サイトのPageRank下落も確認 - Google PageRankデータ更新と有料リンク問題
<p>今冬〜来春にかけて書籍をリリースできるように、私はきっと5年ぶりくらいに本気で執筆に取り組んでいる。しばらくブログ更新はお休みしたかったのだが、そんな矢先に業界の人間としてはおもしろい話題が出てきたので、ちょっとだけコメントをしたい。 このニュースは簡単に要約すると「SEO目的のリンクを販売していた...</p>
グーグル、SEO"有料リンク"対策に新ポリシー - 販売サイト側へのペナルティ発動へ
<p>近年、SEO業界で盛んに議論されてきたトピックの1つが「有料リンク」(テキストリンク広告)の問題だ。これは、検索ランキングで上位を効率よく獲得しようと、順位に大きな影響を及ぼす"外部リンク"をお金で購入してしまう企業が後を絶たず、ランキングが不正に操作され続けている問題だ。検索会社側は検索品質を維持す...</p>

〒541-0052
大阪市中央区安土町1-5-9
ゼニヤベストビル2C
合同会社アイディーテックス

Tel:06-6210-5980
Fax:06-6210-5981
contact»




Skype Me™!